『家でチャレンジ!バケツでお米を育てよう。育てた稲でリースを作ろう』の参加者の皆さんへ

6月のお写真の提出期間は、6月18日(金)~6月26日(土)です!

芽出しが早かった人は、苗の移しかえは順調でしょうか?

「分げつ」が始まっている人もいるのかな?

5月後半は寒かったので、芽出しをゆっくりと開始された方は、これからの参考にしてくださいね。

 

「バケツ稲づくりマニュアル」より

 

 

苗の移し替えのポイント
・苗を抜くときは、根を傷めないように注意

・根付くまでは、約2週間は水を1~2㎝の深さ

・分げつが進んだら水を5cmの深さに張る。

★残った苗の利用方法★

・苗を移し替えた後に残った苗は、捨てずに、予備でとっておこう。

1本で育てたらどうなるかな?2本で育てたらどうなるかな?いろいろ実験してみると面白いかも!バケツに何本植えるとたくさんお米がなるかなー

分げつ(稲の枝分かれ)について
苗を移し替えた後、葉が6枚くらいになるころ(10日あとくらい)に、茎の根元から新しい茎が生まれる。その後も約30日~40日間、次々と茎が増えるよ。

・20~40日後にかけては、最も盛んに行われ「分げつ盛期」と言うよ。

・分げつは、苗の移し替えから約2か月くらいまで続きます!

★1粒の種もみから、成長すると最高で20本程度の茎が出ることも!!密植すると分げつ数が少なくなるようです。

分げつ中のポイント

・分げつが始まってから終わるまでの間は、成長が盛んなので水がたくさん必要!水の深さは5cmくらいを保ってね!

★高温対策の方法★

・高温が続く場合は、バケツの中の地温が上がりすぎないように、バケツを置く場所を工夫しよう。その時はコンクリートやアスファルトの上より、地面やむしろの上がいいよ。

★藻が発生した時★

・問題はないが、表面を藻で覆ってしまうと日光が届かなくなるので、その時は、水と一緒に流そう。そして新しい水を入れてね!

Coミドリでも、いろいろ実験しながら育てています!

メールでもお知らせしましたが、苗の移し替え前の成長の稲があります。枯れてしまった方はご連絡くださいね!

1回目の成長記録お写真を紹介します!

2回目(6月)の稲の成長写真の提出をお願いします。1回目の提出が間に合わなかった方も、6月からでも大丈夫です♪楽しみにしています。

 

 

おすすめの記事