プレーパーク

コロナウイルスへの
感染防止対策期の
開催について

グラウンドであそぼう!

今遊べるのはグラウンドだけ、使える道具もほんの少しだけど、よかったらあそびにきてね!はなれてできる楽しい遊びを、みんなで発明しよう!

Coミドリプレーパークは、子どもが主体的にのびのびと自由に、やりたいことに挑戦できる遊び場を目指していますが、新型コロナウイルスへの感染リスクを減らすため、現在開催時間や場所、受け入れなどの制限を行っています。また開催中も、来場された方に対し遊び方や過ごし方についてご協力をお願いすることがあります。ご理解の上ご参加ください。

  • 手洗い、咳エチケットに気をつけ、距離を保って遊びましょう。
  • マスクの着用にご協力ください。
  • 来場時に毎回、【緊急連絡先カード】の提出をお願いします。

以下の方は参加を
ご遠慮ください

  • 普段より熱がある、せきが出るなど体調がすぐれない方。
  • 本人またはご家族が出席停止や外出自粛の対象となっている方。
➡ 子ども会のコロナ対策 

プレーパークが
めざしていること

子どもの自主性を尊重します
ここは、子どもが主役、子どもが自由に遊びを生み出す場です。
子どもが、人や自然とのかかわりの中で興味関心を拡げ、安心して自分の「やってみたい!」ことを試せるようにしたいから、「自分の責任で自由に遊ぶ」をモットーにして禁止事項をなるべく少なくしています。
遊び場にいるスタッフは、遊びの指導者や遊ばせ屋ではなく、子どもたちの友だちのような存在です。子どもたちが安心してのびのび自由に遊べるように、見守りながら、場を点検したり、話したり、子どもと一緒に遊んだりもしています。
子どもが予測できないような重大な危険は取り除きますが、
想像できる危険までは取り除きません。
なぜなら、リスクに挑戦することは、子どもの学びや育ちに欠かせないからです。スタッフは常に流動的な遊び場の状況に気を配り、必要に応じて声をかけながら場を整備していますが、遊び場で気になることがあったら教えてください。危ない!と思ったら、知らない子でも声をかけてください。みんなで、子どもの挑戦を見守りましょう。
ここは、みんなでつくる遊び場です。
「今日楽しかった!」の気持ちが、子どもの明日への成長につながります。大人のみなさんも、子どもの遊ぶ様子を見守りながらくつろぎ、おしゃべりしていきませんか。時には子どもと一緒に遊びませんか?ちょっとしたお手伝いもありがたいです。みんなで楽しい遊び場をつくりましょう。

プレーパークの様子を撮影した写真を
当会HPおよび広報誌等に掲載いたします。
不都合のある人はスタッフに伝えてください。

プレーパーク
Q&A